トップページ > コミュニケ―ション > ラブアイテムを活用 > ラブグッズレシピ6.騎乗位が苦手な方必見!ディルドでトレーニングのレシピ

ラブグッズレシピ6.騎乗位が苦手な方必見!ディルドでトレーニングのレシピ

shutterstock_232063447
こんにちは、ライターの凛音です。
さまざまな体位の中で、女性が優位になって動けるものの代表格が「騎乗位」。
上に乗って動けるので、自分の感じるところを自ら攻めることができます。

しかしこの体位、苦手な方が多いのも事実。
動き方がわからない、感じる方法がわからないという声がよく聞かれます。

そこで、今回は騎乗位の動きと感じるところを見つけられるラブグッズ、「ディルド」を使ったひとりエッチのレシピをご紹介します。

まずディルドとは何ぞや?ということなのですが、簡単にいうと振動しないバイブです。
海外のディルドだとオブジェのようなフォルムが美しいものもありますが、基本的にはかなりリアルな男性器の形をしているものが多いです。

今回は、床に固定するので、下に吸盤が付いているタイプを使いましょう。
見た目は少々グロテスクかもしれませんが、バイブやローターのように振動しないので、より本番に近い状態で感度上げができます。
どちらかというと、中級~上級者にオススメですね。

材料

吸盤付きディルド 1本
ローション(水溶性) 1本
ディルド用コンドーム 1個

使い方

1.ディルドを床に固定する
ディルドの吸盤を床につけて固定します。
強い吸盤ではありますが、途中で外れたり動いたりしてしまうと思わぬ傷を負う可能性もありますので、固定するときは汚れをふき取り、フローリングなど凹凸のないところに固定してください。
フラットな床であれば、お風呂でも可能。
ただし動きますので、広さのある部屋がオススメです。
2. ローションを塗り、ディルドにコンドームをつけて挿入する
いきなり挿入すると痛みが伴いますので、下準備として動画や漫画など自分なりの方法でエッチな気持ちを高めてください。
膣が濡れてきたらさっそく挿入。
念のためローションを女性器周りに垂らしておきましょう。

ディルドにコンドームをかぶせたら、またがるようにディルドを膣の入口に当てて、ゆっくり腰を落としていきます。
体に無理のないように入れやすい体勢でゆっくり行いましょう。
3.前後、上下、左右に腰を動かす
挿入できたら、ゆっくり動かしてみましょう。
パートナーの上にまたがっている様子をイメージすると、動かしやすいかもしれません。
前後、上下、左右に腰を動かし、自分の感じるところを探してください。

もし中だけで十分感じられなければ、指でクリトリスを刺激してもいいでしょう。
気持ちよくなれば自分の体は勝手に動き出しますので、自然に身を任せてみてください。

このレシピを繰り返すうちに、騎乗位での動き方がわかってきます。
自分が気持ちいいと思う動きを知れば、自ら上に乗るくらいお気に入りの体位になるはずですよ。

関連記事

ラブグッズレシピ7.一緒にイクためのローターレシピ
ラブグッズレシピ8.芸術の秋に試したいオブジェのようなラブグッズのレシピ
連載第3夜:感度上げにクリトリスにローターを使ってみる
女性が楽しめる体の動かし方 ~騎乗位編~

ライタープロフィール

凜音
凛音(りんね)
セクシャルコラムニスト
セクシャルコスメショップでの経験から、大人の恋愛やセックスに関するコラムを執筆。
フリーペーパー「Bex」にて女子力アップコラム連載中(名古屋限定)。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)鏡の前で自然な笑顔作りの研究