トップページ > コミュニケ―ション > ラブアイテムを活用 > ラブグッズを使って二人の愛をもっと深めよう!:ローション(潤滑ゼリー)編

ラブグッズを使って二人の愛をもっと深めよう!:ローション(潤滑ゼリー)編

shutterstock_208817080

近頃はひとりエッチを楽しむ女性も多いみたいで、女性向けのラブグッズの品揃えが、昔に比べてかなり増えました。前向きに性を楽しむ女性が多くなり、性的なオモチャや小道具を使うことがだんたんと身近になりつつあるようです。
SEXを盛り上げるためのスパイスとして、ラブグッズ大人のおもちゃを取り入れているカップルも少なくないのではないでしょうか。

特に、セックスレスだったりマンネリだったりと問題を抱えているカップルにこそ是非、それらのラブグッズを一度試してほしいのです。

セックスライフが豊かになれば、二人の関係にもきっと良い変化が起こることうけあいですよ。
ラブグッズとひと口に言っても色々と種類がありますので、今回はローションに絞って取り上げてみたいと思います。

AVビデオなどで、女優さんの体にドロっとした透明の液体を塗りたくって、性感マッサージをしているような場面を観たことがある人は、イメージしやすいと思いますが、性的な用途で用いるドロっヌルっとした半透明なゲル状の液体を、私たちは一般的にローションと呼んでいます。

このローションですが、正確には「ラブローション」「潤滑ゼリー」の二種類に分かれています。
どちらも同じような見た目なので、呼び名が違うだけで同じものだと勘違いしている人が多いようですが、厳密に言えば、この二つは用途が違うものなのです。

潤滑ゼリーは、更年期や不規則な生活などが原因で、膣の潤いが不足しがちな女性の性生活をサポートする目的で作られています。
ピストンした時に滑りを良くし、セックスをもっと気持ち良くスムーズに行うための、補助的な役割を担うものです。

膣内外に塗って使用するため、当然ですが、人体にとって有害な成分は入っておらず、マイルドな成分だけで作られています。
クリニングス(クンニ)の時には、基本的に舐めたり飲み込んだりしても大丈夫です。

また、潤滑ゼリーは水溶性で、触ると比較的サラサラしているので、使用後は石鹸などを使わなくても、水で流しただけですぐに落とせます。

一方で、ラブローションの方は、ラブグッズとして、夜のお遊びを盛り上げる目的で作られています。

基本的には体外で使用することが前提で、ラブローションの本来の目的は、体に塗って性感マッサージをすることにあります。
水溶性の製品が多いですが、粘性がやや高く、洗い落とす時には潤滑ゼリーよりもほんの少し手間がかかります。

製品のなかには、セックスをより過激に演出しようと、トウガラシなど刺激的な成分が含まれるものまであります。
安全に気持ち良いセックスライフを楽しむためにも、肌が過敏な人などは、ローションの原材料をチェックし、念のため膣内などの粘膜は避けて使用した方がいいかもしれません。

ザッとおさらいするとこのような違いがある二種のローションですが、用途によってそれぞれ使い分けてもいいでしょうし、肌が過敏でなければ、ラブローションだけに絞ってしまっても構わないでしょう。

安全性が気になるようであれば、事前に膣粘膜に塗って、違和感がないかどうかチェックしてみると安心かもしれませんね。

さて、ローションを入手したものの、セックスライフにどう取り入れたらいいのか分からないでいる人は、こんな使い方をしてみてはいかがでしょうか。

勇気を出して初めてローターやバイブを買ってはみたものの、当たりが強かったり摩擦が痛かったりして、1回試したっきりで放置されたラブグッズは、どこかに眠っていませんか?

放置されていたそのラブグッズに、ローションを垂らして使ってみてください。
ローションの膜を作ることで、電動の微振動の刺激が柔らかく肌に伝わるようになるので、電動オモチャの強い刺激がダメだった人でも、簡単にイクことができるはずですよ。

また、ひとりエッチの際、自分の指や手にローションをひと塗りしてみてください。
ローションを付けた手で触ると、あら不思議!

他人に触られているような錯覚を覚え、いつものオナニーの快感を更に上回る気持ち良さなのです。
また、オモチャを使ってのひとりエッチがマンネリ化してきたなと思ったら、おもちゃにローションを垂らして使ってみると、素で使うのとはまた違った感覚が楽しめますよ。

ローションを二人で楽しみたい場合には、ごく普通にパートナーの体をローションでマッサージしてあげるのも良し、二人でローションを塗りたくって抱き合ったり、二人の体を撫で回しあったりするのも楽しいでしょう。

ローションはたっぷり塗った方が気持ち良いので、ケチケチしないでたっぷりと使うようにしてください。

男性によっては、女性がランジェリーを付けたままでローションにまみれる姿にそそられる人も多いようなので、キャミや下着をつけたままでローションプレイしてみるのも一興かもしれませんね。

ベタベタしていて取り扱いが面倒に思われがちなローション。
それがネックで敬遠している人もいるかもしれませんが、ローション製品のほとんどは水溶性なのですぐに落とせますし、たとえ衣類などに着いてしまっても、洗濯機で普通に洗えば簡単に落とせます。

とはいっても、室内で使う時にベタベタが周囲に付いてしてしまっては後片付けが大変なので、事前に大きめのバスタオルを何枚か敷いて、その上でプレイするといいでしょう。

浴室やバスタブの中で使えば、終わった後には水で流してしまえばいいだけなので、もっと気軽にエンジョイできますね。

潤滑ゼリーについては、濡れなくて痛い思いをするよりは使った方がいいということは分かっていても、パートナーに潤滑ゼリーを使っていることを知られるのが恥ずかしかったり、ゼリーを塗る間に場がしらけそうで嫌という意見があるようです。

ただ、最近の潤滑ゼリーには、事前に注射器で膣内にゼリーをあらかじめ注入しておくタイプのものなどもあり、他にも使い勝手が良い製品が出回ってきているようなので、先入観から使用をためらったり諦めてしまってはもったいないと思います。
思い切ってトライしてみると、思いがけず嬉しい結果に結びつくかもしれませんよ。

関連記事

ラブグッズレシピ1.久々のラブホテルを楽しむラブグッズレシピ
ラブグッズレシピ2.2人で初ラブグッズを楽しむレシピ
連載第5夜:感度をよくするローションの使い方
ラブグッズレシピ5.夏だ!クールなラブグッズでひんやりレシピ

ライタープロフィール

TOMO
長く海外生活を経験し、国際情勢に精通。美食&美酒、ファッション、旅をこよなく愛する。
現在は東京在住。翻訳家&ライターとしても活躍中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き) 知的好奇心を持ち続けて日々を生きること。