トップページ > コミュニケ―ション > ラブアイテムを活用 > ラブグッズを使った簡単なトレーニングで、イキやすい体を作ろう!

ラブグッズを使った簡単なトレーニングで、イキやすい体を作ろう!

shutterstock_75022924

「ひとりエッチというだけでもハードルが高いのに、アダルドグッズ(大人のおもちゃ)を使うなんて無理!」
なんて拒絶されるのを覚悟の上で、今回は《イキしやすい体を作るためのラブグッズを使った自己開発》をテーマに、ちょっぴり突っ込んだ話をしていきますね。

オナニーなんてしたことないという人も、これをきっかけにトライしてみるのも良いかもしれません。

クリトリスでイク、いわゆるクリイキは、ワザなど駆使しなくても比較的簡単に達せられるはずですので、ここでは膣内でイクこと、つまり膣イキ中イキをターゲットに話を進めていくことにします。

ひとりエッチに慣れている人でも、クリトリスなどを触ることはあっても、膣内に指や道具を入れたりすることには抵抗があるという人は多いはず。

自分で膣イキまで達することができる人、ましてや膣内開発を自分で行うような人は少数派なのかもしれません。
でも、セックスで深く中イキできる体になるためには、やはり膣内を開発しておく必要があるのです。

クリトリスの場合には、どんなに未熟な方法でも優しく刺激しさえすれば、ほぼ確実にイケるものですが、膣イキの場合には、経験を積むとか、自己開発するとかしなければ、自然にはイケないのが普通です。

それもそのはず。
出産の時に赤ちゃんが産道を通っても痛くないように、もともと膣内、特に膣奥は鈍感にできているのです。

膣内でも、子宮口から4~5cmばかり入った所あるGスポットと呼ばれる部位はもともと敏感にできているのですが、そこから更に深く膣奥にある子宮口周辺、俗に「ポルチオ性感帯」とも呼ばれる部分は、気持ち良さを感じるまでにある程度の経験を積む必要があると考えられています。

頻繁にセックスできる環境があればオナニーは不要かもしれませんが、そうでない人は、膣奥でエクスタシーを感じることができるようになるために、ラブグッズなどを使っての自己トレーニングしておくことが有効なのです。

セックス時にクリトリスでイクことはできても、膣内でイクことができないという悩みを持つ女性が多いようですが、お相手の男性を責める前に、まず自分の体を開発することに専念してみると、良い結果が得られるかもしれませんよ。

さて、膣内の開発にはラブグッズを用いるのがいいというのは分かりましたが、ラブグッズといっても、実際には色々と種類がありますよね。どんなものが一番効果的なのでしょうか。

膣内に入れて使うラブグッズは、主にディルド(男性器の形をした動かないおもちゃ)と、動くタイプのディルドであるバイブ(電動こけし)があります。
市場での売れ筋は圧倒的にバイブのようですが、著者の過去記事でも触れた通り、オナニーで使う際の器具は、電動ものは避けた方が無難です。

というのも、電動のおもちゃは、人が真似できない微振動を、真似できない回数延々と繰り返すことができます。

そんな超人的な刺激に体が慣れてしまうと、普通のセックスではイキづらい体になってしまうことがあるのです。
そんな事情ですので、個人的には電動ではないディルドを選ぶことをオススメします。

ディルドですが、大小長短さまざまで、どれが自分に合うのかは、実際に試してみないと分からないと思いますが、とりあえず初めは、あなたのセックスパートナーのあそこの大きさと同程度のもの、もしくはそれよりも小さめのものを選ぶと失敗が少ないはずです。

ちなみに、フル勃起した際の日本人男性の平均サイズが、だいたい竿の長さ13cm、直径3~4cmということなので参考にしてみてください。

ディルドの使い方ですが、まず最初は手始めとして、快感を感じやすい膣口から浅いエリアを開発していきます。
膣内の浅い部分でのイキが深まれば深まるほど、それがきっかけになって、もともと感覚が鈍いはずの膣内深部でのイキにつながりやすくなります。
膣内に浅くディルドを挿入したまま、脚や肛門、腹筋に力を入れて快感を誘い、そして脱力します。

道具を膣に出し入れしながら、力んで脱力するを何度か繰り返し、快感の波に身を委ねてみましょう。

道具の挿入角度や動かし方、出し入れの速度については、人それぞれ感じ方が違うので、自分が一番気持ちいいと感じる方法をあれこれ試してみて、自分のベストを探り当てていくと良いでしょう。
自分の好みの速度が分かったら、そのリズムを一定にキープすると、中イキしやすいのでお試しあれ。

膣の浅いエリアでイケるようになったら、深いエリアでもイケるように訓練します。
膣奥エリアは、実際には無感覚に近いので、膣奥でイクためには、膣奥の刺激を「これは気持ちの良い刺激だ」と脳が変換してくれるようになるまで、ディルドなどを使って特訓する必要があります。

膣奥では、なかなかイカないかもしれませんが、諦めずにトライしているうちに、イケるようになるはずです。
一度膣奥でイクことができたら、この脳の変換がうまく根付くまで、何度も同じ動きを繰り返し、気長にトレーニングしていきましょう。

いずれにせよ、膣内のどのポイントが一番感じるかは、十人十色。
自分が一番感じるポイントを探索できるのは自分しかいないので、色々と自分の秘部を探索、開発してみると、意外な発見があって楽しいと思いますよ。

関連記事

感じる体位は「膣」が決める?
連載第7夜:オーガズムに達しやすい自分の体位は?
体位別!体の動かし方 ~正常位編~
感じる体の動かし方 ~後背位(バック)編~

ライタープロフィール

TOMO
長く海外生活を経験し、国際情勢に精通。美食&美酒、ファッション、旅をこよなく愛する。
現在は東京在住。翻訳家&ライターとしても活躍中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き) 知的好奇心を持ち続けて日々を生きること。