トップページ > コミュニケ―ション > セックスを楽しむ > 更年期セックス ~身体の変化と上手に付き合うには

更年期セックス ~身体の変化と上手に付き合うには

shutterstock_184844336
筆者は30代後半ですが、「私、若年性更年期障害かも!?」なんて言っている同年代の友人も周りにいたりして、更年期がだんだんと現実のものとして迫ってくる恐怖を感じる今日この頃なのです。

気になるので調べてみたところ、40歳より前の女性に関しては、若年性更年期障害になる人はごくごく稀で、実際にはただ単にストレスや生活習慣などで体調を少し崩しているだけというケースが多いのだそうです。

本当の更年期は、閉経を迎える前後の10年間で、もちろん個人差はあるものの、平均するとだいたい45~55歳くらいが女性の更年期だと言われています。

高齢出産が珍しいことではない現代では、卵巣に寿命があるという事実すら忘れてしまいがちです。
けれど現実は、35歳を過ぎたあたりから卵巣の働きが鈍くなり始め、その後は卵巣の働きは衰える一方。

50歳前後に閉経を迎え、その後は卵巣の機能がほとんど停止してしまいます。卵巣の働きが衰えてくると、女性ホルモン(エストロゲン)の相対量が急激に少なくなります。

すると、ホルモンバランスを正常な状態に維持しようとする女性の体は、脳から卵巣に「もっと女性ホルモンを出すように!」という命令を送り続け、それに応えようと必死に働く卵巣が、ついには
オーバーヒートしてしまうのです。

その結果、体温調整ができなくなったり、ドライアイや知覚過敏に悩まされたりなどの身体の不調だけでなく、鬱っぽくなったり不眠や耳鳴りで苦しんだりなど、精神的な不調に陥ったりすることもあり、
このような不調を総称して更年期障害と呼んでいるのです。

ただ、更年期の症状には個人差があり、まったく何の異常も感じないまま更年期を過ぎてしまう人もいれば、日常生活を送るのもままならないほど影響を受けてしまう人もいます。

医薬品やサプリを摂取したり、ヨガやストレッチをするなど、更年期の症状を和らげる方法はなくはないですが、それも気休め程度にしかならないとも言われます。

噂では、定期的に夜の夫婦生活を楽しんでいれば更年期の症状が軽くなるだとか、若い頃にセックスをたくさんしていれば更年期に苦しまなくて済むなどとも言われていて、それらの説にもある程度の裏付けはあるようです。

ただ実際には、充実した性生活を送っていても更年期障害で苦しむ女性も多く存在するわけで、どんなに対策を取ったとしても、なる人はなってしまうようです。

それならばいっそ、更年期は避けて通れないものであると覚悟して、障害とうまくつきあっていく方法を考える方が懸命かもしれませんね。

更年期障害の代表的な症状のひとつに、性欲減退があります。
これには様々な原因が考えられますが、「生理があがった=もう女ではなくなった」と考えることによって性に対する関心が薄れたり、閉経と同時に膣内の濡れが悪くなるので性交痛を嫌がるためであったりします。

寿命が今よりもだいぶ短かったひと昔前には、更年期を過ぎたら艶っぽいことは抜きにして、あとは枯れていくだけの人生でも良かったのかもしれませんが、現代は80代、90代でも十分健康でいられる時代です。

閉経したという理由だけでセックスを卒業したと考えのは、時期尚早にすぎるのではないでしょうか。
閉経したならば、悲観するよりもむしろ、避妊せずに生でセックスできる権利を天から与えてもらったとでも思って、セックスをおもいっきり楽しんでみるといいでしょう。

濡れが悪くて性交痛があるような場合には、市販のローション(潤滑セリー)を使うという手もあります。
ローションは通販で購入すれば、簡単に入手できてプライバシーも確保されるので安心です。

更年期に入るとエストロゲンの減少によって、膣粘膜や外陰部が萎縮し、薄くなります。
膣の萎縮は、更年期の女性にとって避けられないことですが、定期的にセックスしている人とそうでない人では、萎縮の進行度合いが違ってくるともいわれています。

尾てい骨がいまや形骸化してしまったように、体の臓器や器官は、使わなければ退化していく習性があり、性器もその例外ではないのです。

更年期に入っても、負担にならない程度にセックスを楽しむようにすれば、性機能の衰えを防ぐことができるだけではなく、抱き合うことによって安らぎや連帯感を得られるなど、精神的にも良い影響が期待できます。

そもそも女性は、セックスでイクと骨盤が締まり、膣も締まります。
セックスをしていないと会陰部やお尻が徐々に痩せてきますが、それとともに骨盤が開き、腰痛の原因になったり下っ腹がぼっこりとたるんできたり、それがさら悪化すると尿漏れの原因になったりするようです。

セックス自体が骨盤の運動になりますから、更年期を少しでも快適に乗り切り、心身の若さを保つために、できるだけセックスを楽しめるように工夫してみることをお勧めします。

関連記事

何歳までセックスできる?高齢セックスの実態
濡れないのは更年期だから? ~濡れない原因とその改善策
今さらどう誘う?セックスレスからの妊活の始め方
年齢を重ねても楽しめる!高齢セックスを充実させるポイント3つ

ライタープロフィール

TOMO
長く海外生活を経験し、国際情勢に精通。美食&美酒、ファッション、旅をこよなく愛する。
現在は東京在住。翻訳家&ライターとしても活躍中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き) 知的好奇心を持ち続けて日々を生きること。