トップページ > コミュニケ―ション > セックスを楽しむ > セックスも恋愛もハッピー!心地良い存在になる8つのこと

セックスも恋愛もハッピー!心地良い存在になる8つのこと

二人がどんなに愛し合っていても、一緒にいて気張らず気楽な空気感ができないようなら、二人の関係は長続きしません。
どんなことに気をつければ、居心地の良い幸せな関係が築けるのでしょうか。

1. 「独り時間」を毎日作る

心地よさ
パートナーがいると、無理をしてでも一緒の時間を作ろうとしがち。
残業ですごく疲れているのに、彼の仕事の愚痴に長時間つきあったり、本当はTVドラマが観たいのに、彼が好きな野球中継を一緒に観たり。
一緒の時間を過ごすのも大事なことですが、そのために自分の要求を抑えすぎるのはストレスになるので逆効果。恋愛にも悪影響が出てしまいます。
毎日少しずつでも独りの時間を作って、自分のやりたい事を溜めないで消化しておくことが大事です。

2. 笑い笑わせる

仕事で失敗して落ち込んでいたり、二人が些細なことで喧嘩していたりしても、ちょっとしたジョークで笑い合うことができれば、嫌なムードは一気に吹っ飛んでしまうものです。
笑う門には福来る。二人の間に笑いがある限り、恋愛もうまくいくものです。

3. こまめに連絡を取る

関係をより親密にするには、こまめな連絡は欠かせません。
毎日一回は電話やメール、何らかの連絡を取り合うのが理想です。
例え殺人的に忙しい時だって、トイレに行く時間くらいはありますよね。
そんなちょっとした仕事の合間に短いメッセージを送るだけでも、相手に温かい気持ちを伝えることができます。

4. 相手を褒めちぎる

褒めてくれた人に好意を持つのが人の習性ですので、それをパートナーとの間で実践しない手はありません。
どんな小さいことでもいいので、大袈裟なくらい相手を褒めるようにしてみましょう。
褒め慣れていない人は、「彼と会ったり電話する時には、必ず何か褒めるようにする」と最初から決めておくといいかもしれませんね。

5. エッチに励む

あれこれと回りくどいことを言ってみたところで、やはりSEXが男女の距離を一番縮めます。
そもそもセックスはストレス発散にもなりますし、これ以上ないくらい最高にハッピーな気持ちにさせてくれるものですので、中毒にならない程度に(笑)、積極的に励んでみましょう。

6. 相手に対して正直に

パートナーを信頼し愛していればこそ、自分の想いは包み隠さず相手に伝えるべきです。
「こんなこと言ったら嫌われるんじゃないか」なんて恐れる必要はありません。
コミュニケーションが円滑に行けば、二人の間に誤解や衝突が起きづらくなります。

7. 愛情表現はたっぷりと

「好き」とか「愛してる」などと、パートナーにちゃんと愛情表現していますか?
簡単なことですが、実践できているカップルは少ないのではないでしょうか。
日頃から愛情を言葉にして伝える習慣をつけておくと、相手から愛され、必要とされ易くなり、幸せな恋愛関係が長く保てるようになります。

8. 一日の終わりを共に

許される限り、二人一緒の時間に寝床につきたいですね。
時間があって疲れていなければ、二人で愛を確かめ合うのも良し。
エッチしない場合は、ほんの数分でもいいので、他愛も無いお喋りの時間を持つだけでも、
二人の絆は深まります。

関連記事

甘え上手になれば、恋愛も妊活もうまくいく!
甘えられない女子必見!彼氏への上手な甘え方
恋愛関係を今よりもっと熱くする5つの簡単な方法
長~く愛し愛されるための10の秘訣