トップページ > 婦人科形成

婦人科形成

  • 2016年11月24日

    【商品インタビュー】 デリケートゾーンの黒ずみはセルフケアで対策できる!

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    【商品インタビュー】 デリケートゾーンの黒ずみはセルフケアで対策できる!

    人間は大きく分けると「女性」と「男性」に分かれます。 女性には女性の、男性には男性の身体的特徴があるわけですが、残念ながら女性同士であってすらデリケートなお悩みの共有は難しいのです。 特にセンシティブな問題、デリケートゾーン(女性器)の問題…

    【商品インタビュー】 デリケートゾーンの黒ずみはセルフケアで対策できる!続きを読む

  • 2016年11月07日

    ワキガ治療に保険が適用されるって知ってた? 治療法ごとの平均費用を比較!

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ワキガ治療に保険が適用されるって知ってた? 治療法ごとの平均費用を比較!

    ・ワキガ治療は場合によっては何十万円という高額に!? ・保険が適用される術式があり、それを選べるならば費用負担が軽くなる ・保険適用される治療法は「剪除法」のみ ワキガ治療にはいろいろな手法があります。 実際に治療して治ったという体験者も多…

    ワキガ治療に保険が適用されるって知ってた? 治療法ごとの平均費用を比較!続きを読む

  • 2016年10月29日

    ハイジニーナとスソワキガ(腋臭症)の関係

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ハイジニーナとスソワキガ(腋臭症)の関係

    ・ハイジニーナはデリケートゾーンを無毛処理すること ・ムダ毛がなくなると陰部のにおいが薄くなるという説がある! ・反論もあるが、最終的に脱毛はにおい対策になるの? ハイジニーナとは陰部周辺のムダ毛を処理した状態のことで、スソワキガとは陰部の…

    ハイジニーナとスソワキガ(腋臭症)の関係続きを読む

  • 2016年10月24日

    病院で受けられるワキガの治療法ってどんな種類があるの?

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    病院で受けられるワキガの治療法ってどんな種類があるの?

    ・ワキガは病院で治せる「体質」です ・体臭はその人の個性だけど、社会生活が難しくなることも? ・どんな治療方法があるのかまとめて紹介! ワキガは病気ではありません。 というのも、原因であるアポクリン腺はもともと人間が持っている器官で、体臭は…

    病院で受けられるワキガの治療法ってどんな種類があるの?続きを読む

  • 2016年10月21日

    ワキガ(腋臭症)に後天的になるケースもある! 改めて気になるワキガのあれこれ

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ワキガ(腋臭症)に後天的になるケースもある! 改めて気になるワキガのあれこれ

    ・ワキガとはアポクリン腺の有無で発症する「腋臭症」のこと ・「腋臭症(えきしゅうしょう)」は人体の形質を意味する。病気ではない ・病気じゃない……でも疾患として現れることもある!? ワキガとはそもそも病気の名前ではありません。「腋臭症」とい…

    ワキガ(腋臭症)に後天的になるケースもある! 改めて気になるワキガのあれこれ続きを読む

  • 2016年09月06日

    デリケートゾーンのワキガが男にもある!?「スソワキガ」の男女割合

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    デリケートゾーンのワキガが男にもある!?「スソワキガ」の男女割合

    ・ワキガがそもそも「ワキ」だけじゃないって知ってた? ・デリケートゾーンのワキガを「スソワキガ」と言う ・男女ともにスソワキガの症状を呈することがある。その割合は? ワキガが「腋臭症」という症状名で呼ばれるという認識は、あまり一般的なもので…

    デリケートゾーンのワキガが男にもある!?「スソワキガ」の男女割合続きを読む

  • 2016年09月03日

    切らない! 痛くない! ワキガ治療とセルフケアを知りたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    切らない! 痛くない! ワキガ治療とセルフケアを知りたい

    ・ワキガ(腋臭症)治療には痛みがないものもあるらしい ・メスを入れない「痛くない治療」にはどんなものがあるの? ・においを減らし再発を防ぐ「セルフケア」はどうすればいいのか ワキガは男女の割合が8対1から9対1と、圧倒的多数を女性が占めてい…

    切らない! 痛くない! ワキガ治療とセルフケアを知りたい続きを読む

  • 2016年08月20日

    ワキガの一種「すそわきが」のにおいを解消する方法

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ワキガの一種「すそわきが」のにおいを解消する方法

    ・「すそわきが」はワキガのデリケートゾーン版 ・どうしてワキガ(すそわきが)になるのか知れば対策も分かる! ・病院で治療せずににおいを解消するには? 「すそわきが」とは、ワキガ(腋臭症)の一種でおよそ1%の女性が抱えていると言われる体臭問題…

    ワキガの一種「すそわきが」のにおいを解消する方法続きを読む

  • 2016年08月17日

    ワキガは「脱毛」で症状が軽くなる!? スソワキガとムダ毛

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    「脱毛」がワキガに与える本当の影響とは?

    ・ワキガは「腋臭症」という症状のこと ・原因は「アポクリン腺」から出る汗の成分と雑菌 ・脱毛でムダ毛がなくなれば症状が軽くなることも! ワキガの原因はアポクリン腺という汗腺から出てくる汗なのですが、ムダ毛が濃い方の場合はもともと雑菌が繁殖し…

    ワキガは「脱毛」で症状が軽くなる!? スソワキガとムダ毛続きを読む

  • 2016年08月16日

    ワキガは「脇」がにおうだけじゃない……!胸やデリケートゾーンにもワキガがある

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ワキガは「脇」がにおうだけじゃない……!胸やデリケートゾーンにもワキガがある

    ・ワキガは「ワキガ」「チチガ」「スソワキガ」の総称 ・ワキガが「性の不一致」を産む!? ・体臭でパートナーに不快感を与えないためにできること ワキガの日本人はおよそ1割程度と言われています。 これは世界で見ればごく少ない方で、「日本人は体臭…

    ワキガは「脇」がにおうだけじゃない……!胸やデリケートゾーンにもワキガがある続きを読む

  • 2016年07月31日

    膣(デリケートゾーン)に悩む女性はどれくらいいるの? クリニックに聞いてみた

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    膣(デリケートゾーン)に悩む女性はどれくらいいるの? クリニックに聞いてみた

    東京、恵比寿にあるキュアクリニックでは、このような悩みを抱える女性が受診するケースが多いそうです。 ・女性器のたるみ、ゆるみ、黒ずみ ・湯船で膣にお湯が入る ・女性器のにおいが気になる ・おりものが多い ・尿漏れ ・膣のかゆみ、乾燥、萎縮性…

    膣(デリケートゾーン)に悩む女性はどれくらいいるの? クリニックに聞いてみた続きを読む

  • 2016年07月20日

    夏のデリケートゾーンはかぶれやすい! 敏感な肌のかゆみを解消する方法

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    夏のデリケートゾーンはかぶれやすい! 敏感な肌のかゆみを解消する方法

    デリケートゾーンはもともと湿気がこもりやすいので、肌トラブルが発生しがちです。 これは冬でも同様なのですが、夏になるとさらに環境は悪化します。 当然ながらかぶれやかゆみがよく起こりますが、外出中に気軽にケアできる部位ではありません。 じっと…

    夏のデリケートゾーンはかぶれやすい! 敏感な肌のかゆみを解消する方法続きを読む

  • 2016年06月20日

    小陰唇肥大はセックスの障害となるのか

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    小陰唇肥大はセックスの障害となるのか

    女性の多くは女性器にコンプレックスを抱いています。 特に日本人女性は奥ゆかしく、下半身問題については公の場でめったに議論しないので、ひとりで悩んでいる方が多いようです。 推測値ではありますが、小陰唇肥大の割合は60%以上とも。 大陰唇は小陰…

    小陰唇肥大はセックスの障害となるのか続きを読む

  • 2016年06月07日

    小陰唇の悩みを抱えている女性はどれだけいるの?

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    小陰唇の悩みを抱えている女性はどれだけいるの?

    婦人科形成外科は婦人科にまつわる外科的な治療を担う領域です。 小陰唇肥大やクリトリス包茎も、日常生活や性交に不都合をもたらすようならば婦人科形成外科で治療できます。 美容的な観点で行う整形手術も可能で、もはや見た目の問題で人類がコンプレック…

    小陰唇の悩みを抱えている女性はどれだけいるの?続きを読む

  • 2016年05月23日

    デリケートゾーンの「かゆみ」が夏に多発するワケとは

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    デリケートゾーンの「かゆみ」が夏に多発するワケとは

    女性と男性のデリケートゾーンは構造がまったく異なりますよね。 でも、いずれにしろ下着と洋服に覆われて夏には大変蒸れます。 「女性のデリケートゾーンのほうが、男性に比べて恥垢がたまりやすい」なんて言われているのですが、だからこそ問題が起こった…

    デリケートゾーンの「かゆみ」が夏に多発するワケとは続きを読む

  • 2016年05月17日

    男性よりも女性の方がワキガの原因「アポクリン腺」が多い!?

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    男性よりも女性の方がワキガの原因「アポクリン腺」が多い!?

    人体は皮膚に覆われています。 身体の組織は皮膚、骨、臓器、血液などと言ったように分かれていますが、働きから見ればすべてつながった存在であり、不可分な「臓器」だと考えられます。 医師の中には空気に接している「皮膚」もまた臓器だと主張する例もあ…

    男性よりも女性の方がワキガの原因「アポクリン腺」が多い!?続きを読む

  • 2016年05月13日

    デリケートゾーンのにおいで悩んでる? その原因、スソワキガかも!

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    デリケートゾーンのにおいで悩んでる? その原因、スソワキガかも!

    女性に対するデリケートゾーンのお悩みアンケートにおいて、常に上位にランクインする項目に「におい」の問題があります。 どのような意見があるのか見てみましょう。 ・においが気になってパートナーと過ごす時に緊張してしまう ・パートナーに不快な思い…

    デリケートゾーンのにおいで悩んでる? その原因、スソワキガかも!続きを読む