トップページ > 婦人科形成 > デリケートゾーンの悩み > ワキガの一種「すそわきが」のにおいを解消する方法

ワキガの一種「すそわきが」のにおいを解消する方法

・「すそわきが」はワキガのデリケートゾーン版
・どうしてワキガ(すそわきが)になるのか知れば対策も分かる!
・病院で治療せずににおいを解消するには?

ワキガの一種「すそわきが」のにおいを解消する方法

「すそわきが」とは、ワキガ(腋臭症)の一種でおよそ1%の女性が抱えていると言われる体臭問題です。
アポクリン腺があって、ワキガ症状を持つ日本人の割合は10人から20人に1人。
パーセンテージでは10%前後なのだとか。
その中の10分の1程度がデリケートゾーンのワキガである「すそわきが」の症状を呈する計算になります。

100人に1人という割合が多いのか少ないのか、それは一概に判断できませんが、実際にすそわきがで悩む女性の苦しみを思えば大きな問題だと考えられます。

「すそわきが」のにおいを解消するには?

「すそわきが」のにおいを解消するには?
「すそわきが」は病院で治療を受ければ治せる症状です。
皮膚科、婦人科形成外科、美容クリニックなど、対応してくれる施設も多様。
カウンセリングが無料のところもありますから、勇気さえあれば治療のハードルはそれほど高くありません。

近年では費用もだんだん安くなっています。
でもどうしても「体臭の悩みで病院に行くのはためらってしまう」という女性は、やはり多いのです。

そこで、「すそわきが」の基本的なセルフケア方法について、詳しくご紹介したいと思います。
手入れ次第でにおいを少なくすることも可能なので、ぜひ参考になさってください。

「すそわきが」のセルフケア・メソッド

1. ムダ毛を処理する
ムダ毛があると雑菌が繁殖しやすく、また、デオドラント製品などの殺菌効果が汗腺に届きにくいのです。
ワキガの原因はアポクリン腺から出てくる汗と、それに含まれる老廃物を分解する常在菌のはたらき。
すそわきが対策の始まりは衛生環境の整え方を考え直すところから。
ただし、ムダ毛処理をセルフで行っている方は肌を痛めないように注意してくださいね!

2. 洗う
次の重要ポイントは洗い方です。
においが気になる方はついつい強くこすってしまったり、刺激的な洗浄成分を選んでしまったりしがち。
それではアポクリン腺からの分泌物が増えますし、肌が弱ったりしてにおいの悪化を招きかねません。
デリケートゾーンの洗浄は「ぬるめのお湯」で「やさしく」が基本です。ただし、ヒダの間に老廃物が残らないように注意しましょう。

3. 殺菌する
洗って乾かしたら、においが発生する前に素早く殺菌しましょう。
デリケートゾーン用のデオドラント製品、クリームなどを使ったり、自前のミョウバン水を使うなどの方法がおすすめです。
ちなみに、ミョウバン水とは市販のミョウバンをきれいな水に溶かしたもののこと。ミョウバンはスーパーで入手できます。

4. ストレスを避け、通気性の良い服装を心がける
普段の過ごし方もまた「すそわきが」をセルフケアする一環として考えます。
ストレスが多い方はアポクリン腺の活動が活発になるので、においが強くなりやすいと言われています。
なので、なるべく緊張しないように、ストレスをためないようにしてください。
また、通気性の良い服装でデリケートゾーンの環境を清潔に維持する工夫も大事!
洋服や下着の素材を見直してみるのもいいですよ。

5. 外出中の不安を解消する
外出中にどんどんにおいが強くなって困るという方は、出先のお手洗いでもケアできるように持ち歩きのデオドラント製品とウェットティッシュを持ち歩くことをおすすめします。
ちなみにですが、デリケートゾーンへの刺激を考えて、ウェットティッシュはアルコール不使用のものを選びましょう。

いかがでしたか?
どんなに頑張っても無駄だった。
どうしていいか分からないという方は、医師へのご相談をおすすめします。

自分ではなかなか踏み切れない、それでもつらい! という場合には、クリニックの無料相談やメール相談を利用してみてはいかがでしょうか。

キュアリは女性の皆様の健やかな毎日を願っています。
ぜひ、勇気を出してお悩み解消への一歩を踏み出してください。

対応クリニック記事


%e3%80%90%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%91%e5%a5%b3%e6%80%a7%e5%99%a8%e3%81%ae%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%84%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%e3%82%82%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%81


%e3%80%90%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%91%e3%83%87%e3%83%aa%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%be%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae%e6%82%a9%e3%81%bf%e5%a5%b3%e6%80%a7%e5%99%a8%e3%81%ae


gardenclinic-banner02a

%e3%80%90%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%91-%e3%80%90%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%80%91%e5%a5%b3%e6%80%a7%e5%99%a8%e3%81%ae%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%84%e3%81%8c%e6%b0%97

関連記事

デリケートゾーンの「かゆみ」が夏に多発するワケとは
デリケートゾーンのにおいで悩んでる? その原因、スソワキガかも!
男性よりも女性の方がワキガの原因「アポクリン腺」が多い!?
病院で受けられるワキガの治療法ってどんな種類があるの?

ライタープロフィール

円谷
円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中