トップページ > 婦人科 > 更年期の症状 > 閉経と更年期障害で起こりうる病気

閉経と更年期障害で起こりうる病気

閉経、更年期障害

女性ホルモンの分泌量は一定ではありません。性成熟期から閉経まで、放物線を描いて変化して行くもの。

最も分泌量が多いのは30歳前後。
最も心身が充実し、女性としての魅力にあふれた時期と言えるでしょう。
しかし、それを超えて老化が始まると、エストロゲンの分泌機能も衰え始め、多くは50歳前後で消失してしまいます。

この時まで女性の体を守っていたエストロゲンの作用が失われる事で、更年期障害は起こるのです。
更年期障害の諸症状は枚挙にいとまがないほど広範囲に及びますので、症状の1つをとって「更年期障害」と自覚する事は難しいでしょう。

更年期障害のサインとなる症状は以下の通りです。

更年期障害

更年期障害の症状

上半身が熱く、手足が冷える
ほてり
噴き出すような多汗
肩こり、頭痛症状の急激な悪化
めまい、ふらつき、足元がおぼつかない
動悸、息切れ
情緒不安定
イライラ
感情がコントロールできない
不安
疲れやすい
物忘れの増加
趣味や嗜好の激変

鬱病などと酷似している部分もありますので、いずれかに当てはまったからと言って更年期障害だと決めつけることは早計です。
しかし、もしかしたらと可能性を考える手掛かりとしては有効と考えられています。

更年期障害からどんな病気に結びつくのか

閉経と共にやってくる更年期障害は、女性が「エストロゲン」による防衛機能の喪失を告げるサイン
エストロゲンの働きによって保護されていた様々な身体パーツに問題が起きやすくなります。

■骨粗鬆症
■脂質異常症
■肥満
■高血糖
■高血圧
■動脈硬化
■心筋梗塞
■脳梗塞
■尿失禁
■糖尿病

一般的な疾患でもこれだけの危険性を持ち合わせる事に。

その上、女性としての生活品質を大きく左右する女性の性機能についても、大きな危険が発生してしまいます。
女性ホルモンの喪失と共に膣の潤い機能が減退して、萎縮性膣炎などを起こしやすくなるのです。

閉経後の性行為に苦痛が伴う場合は、萎縮性膣炎に罹っている可能性を疑ってみるべきでしょう。

萎縮性膣炎を始めとしたホルモンバランスが影響した症状に関しては、まずは医療機関で診断を受けて下さい。
簡単な治療で改善する可能性があります。

閉経後のセックスの痛みにはエッジワン治療
エッジワン

 

 

 

 

関連記事:「更年期障害」の基本的なポイントを知っておこう
ストレス、イライラが早期閉経、病気へつながる
生理にまつわる「PMS」と「更年期障害」と「うつ病」の関係