トップページ > 婦人科 > その陰部のかゆみ…女性の性病について知っておきましょう > 女性の性病の症状別一覧 > 女性のためのHIVの症状・治療

女性のためのHIVの症状・治療

HIVの症状は?

onna_01
●症状
・【感染初期】感染から2~4週間
・発熱
・のどの痛み
・だるさ
・筋肉痛
・湿疹
【無症候期】感染から数週間後~10年程度(個人差あり)
・感染初期の症状が消え、無症状となる
【エイズ発症期】
・下痢
・寝汗
・体重減少
・さまざまな合併症の発症
HIV、エイズについて

日本国内では、1日に約4人が新たにHIVに感染していると言われます。
エイズを発症してからHIV感染がわかる人の数も増加傾向にあります。
HIV感染初期の症状は、他の病気でも起こりうる症状が多いため、感染が疑われる場合には検査を受診することが大切です。
原因

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染することで免疫力が低下し、「エイズ指標疾患」にあてはまる病気を発症した場合、「エイズの発症」と診断されます。
感染経路

射のまわし打ちなど血液による感染や母子感染などもありますが、日本での感染は性行為によるものが最も多くなっています。
治療方法

・毎日、抗HIV薬を複数組み合わせて飲み続ける
・薬の飲み忘れをせず、定期的に検査を行う

その他の症状も見る
クラミジアの症状・治療
性器ヘルペスの症状・治療
コンジローマの症状・治療
梅毒の症状・治療
カンジダの症状・治療
淋病の症状・治療
トリコモナスの症状・治療
HIVの症状・治療

 

関連記事:1度のセックスで感染の可能性がある「HIV、エイズ」って?
デートの待ち時間にも受けられる?無料匿名のエイズ検査
知ってる?彼のデリケートゾーンの洗い方
ピンポン感染とは? 終わりない性病感染の連鎖