トップページ > 婦人科 > その陰部のかゆみ…女性の性病について知っておきましょう > 女性の性病の症状別一覧 > 女性のための性器ヘルペスの症状・治療

女性のための性器ヘルペスの症状・治療

性器ヘルペスの症状は?

seikihelupesu
●症状
・外陰部の痛み、かゆみ
・外陰部に複数の水ぶくれ、潰瘍ができる
・排尿時の痛み
・足の付け根のリンパ節の腫れ
・発熱
性器ヘルペスについて

女性の性感染症の中で、クラミジアに次いで多いものになります。
初めて感染した場合、2~10日間の潜伏の後、痛みや水ぶくれなどの症状が出るケースが多く見られます。
治療で症状を抑えることができますが、原因のウィルスを死滅させることができないため、再発率が高いのが特徴です。
原因

単純ヘルペスウイルス1型や2型の感染が原因となります。
感染経路

性交渉時に病変部と接触することで、性器や口唇に感染します。
出産時に性器にヘルペスウィルス病変部があると、母子感染の危険性があるため、帝王切開を行うことになります。
治療方法

・1週間ほど飲み薬や塗り薬で治療
・点滴による治療が必要な場合もある

 その他の症状も見る
クラミジアの症状・治療
性器ヘルペスの症状・治療
コンジローマの症状・治療
梅毒の症状・治療
カンジダの症状・治療
淋病の症状・治療
トリコモナスの症状・治療
HIVの症状・治療

 

関連記事:性感染症で婦人科へ行く
性感染症の潜伏期間はどれくらい? 最長10年、潜伏期間中に拡大!
知ってる?彼のデリケートゾーンの洗い方
オーラルセックスでも性病感染の危険大!