トップページ > 婦人科 > 性病 > 性感染症の潜伏期間はどれくらい? 最長10年、潜伏期間中に拡大!

性感染症の潜伏期間はどれくらい? 最長10年、潜伏期間中に拡大!

性感染症の潜伏期間はどれくらい? 最長10年、潜伏期間中に拡大!

・性感染症(STD・STI)の潜伏期間は最長10年
・潜伏期間中にも感染は拡大する
・最短の潜伏期間は2日程度の「淋病」

性感染症とは、性的な接触によって感染する病気のこと。
病変が起こっている部位が相手に触れて病原体がうつり、感染していきます。
治療開始が早いほど影響は少なく抑えられますが、多くの性感染症には「潜伏期間」があり、この間に関係人物に感染が拡大するケースが少なくありません。

さまざまな性感染症、その潜伏期間を比較してみましょう。

潜伏期間が短い順に「性感染症(STD・STI)」を並べて比較

潜伏期間:2日から1週間程度
最も潜伏期間が短い性感染症では、キャリアとの接触2日後に発症します。
潜伏期間が短いほど誰から感染したのか判明しやすく、また、自覚も比較的たやすいので治療に結びつきやすいと考えていいでしょう。

■淋病
病原体は淋菌。
感染率は約30%とされる性感染症で、女性の場合は無自覚のケースが多いようです。
男性の場合は排尿痛や外性器からの膿などがサインで、不妊症につながります。
キャリア女性の妊娠には子どもに「淋菌性結膜炎」のリスクがあるので、妊娠を予定する女性はぜひ検査を受けてください。

■軟性下疳(なんせいげかん)
軟性下疳菌の感染で起こる旧性感染症指定病で、アフリカなどの海外で感染するケースが見られるようです。
国内感染はごくわずか。ただし、軟性下疳のキャリアはエイズの感染確率が高くなるために危険視されています。
軟性下疳になると主に外性器に柔らかい豆粒大のいぼや潰瘍、発疹が起こります。粘膜部位に感染するのでオーラルセックス、アナルセックスにも要注意。
※旧性病予防法で規定された性病

■カンジダ症
主に女性に起こる症状名で、病原体は真菌「カンジダ・アルビカンス」です。
もともと人体に存在する常在菌なので、抵抗力が弱まった時などに異常繁殖して炎症を起こします。
女性から男性にうつって尿道炎などを起こすことも。

潜伏期間:1週間から数週間程度

潜伏期間:1週間から数週間程度
潜伏期間が1週間以上になるものでは、症状が現れてから自覚に至った時点で原因を究明できる可能性が低くなっていきます。
また、潜伏期間に他の相手にうつしてしまう危険性も高くなっていくので注意が必要です。
近年は特にクラミジアの感染が拡大しているようなので、新しい相手とは性交渉の前に2人で検査を受けるといいかもしれませんね。

クラミジア
性器ヘルペス
■尖圭コンジローマ
※数か月間まで潜伏期間が伸びることも
トリコモナス症
■陰部伝染性軟属腫

潜伏期間:2週間から4週間程度
■疥癬
■毛ジラミ症

潜伏期間:数週間
■性病性リンパ肉芽腫

潜伏期間:3週間程度
■梅毒
潜伏期間:数カ月単位以上
■B型肝炎(1カ月から6カ月)
HIV(数年から10年以上)
※HIV、エイズに関しては10年以上潜伏することもありますが、平均は10年間程度

性感染症に分類される病気の中で最悪とされるのは「HIV」と「B型肝炎」なのではないでしょうか。
それぞれ潜伏期間が非常に長く、誰からうつされたのか解明するのは非常に困難です。
これらの性感染症を完全に防除するのは難しいかもしれません。

しかし、こんなに静かに身をひそめる性病があるのだと知っておくだけでも、自分とパートナーの安全性を上げることにつながるはず。
まずはどんなリスクが身の回りにあるのか、そうした知識を身に着けるようにしていただきたいと思います。

関連記事:性感染症(STD)にはどんな種類があるの? 男女で症状が違うって本当?
性感染症を放っておくと、どうなっちゃうの?
性感染症は「女性のほうがかかりやすい」って本当?
ピンポン感染とは? 終わりない性病感染の連鎖

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中