トップページ > 婦人科 > 婦人科検診 > どんな検査をするの? 婦人科検診

どんな検査をするの? 婦人科検診

どんな検査をするの? 婦人科検診

女性特有の婦人科系疾患は、普通の健康診断では見つかりません。
乳がん、子宮がんなどが相当深刻なところまで進めばそうとも限らないのですが、子宮筋腫などを子宮機能に障害が出ない段階で発見するためには、やはり婦人科検診が必要です。
婦人科検診ではどんな検査があるのか見てみましょう。

検査の対象と方法

検査の対象と方法

婦人科検診とひとことで言っても、病院によって検査の構成はさまざま。
これという規定はありません。

基本的な検査の手法は段階的に「問診」「視診」「内診」「画像診断」「血液検査」「細胞診」や「ホルモン検査」「内視鏡検査」「遺伝子検査」など。

画像診断では単純なエックス線画像だけでは不足で「MRI」「造影検査」「超音波エコー検査」「PET(がん細胞の有無を調べる画像検査)」などが必要な場合も多々あります。
検査の対象となる主な疾患および症状は以下の通り。

・乳がん
・子宮がん(子宮頚部がん)
・性感染症(STD)
・子宮筋腫
・子宮内膜症
・卵巣がん
・卵巣膿瘍
・不妊症
・妊娠
……etc

乳がん検診で実施されるマンモグラフィーや膣の診断に特化したコルボスコープなど、特定の部位、特定の病気発見のために設けられた画像撮影もあります。

また、乳がん遺伝子の有無を調べる遺伝子検査のように、他の病気因子を見出す可能性がある検査内容も。

検査の必要性は自己判断できるの?

キュアリのアンケートに「どこから病院にいくべきなのかわからない」と回答した方がいらっしゃいました。

確かに、世の中でこのようにいつも迷っている女性は多いようです。
婦人科の受診じたい垣根が高く、無料の子宮頸がん検診チケットがあっても受けなかったという声がネット上でも確認できます。
婦人科の受診、ひいては検査の必要性は自己判断できるのでしょうか?

医療機関の立場としては「違和感が出たら病院へ」と促す傾向がありますが、逆に自覚症状がなくても定期的に検診を受けるべきだとも言いますよね。
それは、婦人科系疾患の多くが自覚症状に乏しいからです。

例えば子宮がんの場合、がん腫瘍が大きく成長してようやく生理痛のような痛みが現れます。
それまでは無自覚に進行し、自覚と発見の時点で他の臓器にも転移しているというケースが少なくないのだとか。他の部位に転移したがんの痛みで発覚することもあるそうです。

こうしたことから、キュアリとしては定期的な検査と、必要に応じた医師への相談をおすすめしたいと考えます。

痛みのない病気があるかと思えば、病気の範疇に入らない痛みの症状がある。
それが婦人科系器官の健康維持を難しくしている問題なのです。

痛みや不快感があっても、症状が発現した段階ではなんら数字的な変異が認められず、将来的に病気に発展する場合もあります。

痛みを理由として婦人科を受診し、病気が見つからなかったとしたら、多くの女性は痛み止めでやり過ごしてしまいますよね。

我慢してれば痛みが去るから。
病気と診断されなかったから。
そうして我慢し、やり過ごした日々の間に子宮内膜症や子宮筋腫、卵管閉塞などが起こり、不妊症に至る可能性は否定できません。

一定期間ごとの婦人科の受診はまだいい。
でも、必要に応じた相談のタイミングがわからないという方はこう考えてみては?

本来の健康な女性は生理痛がないのです。
なので毎月不快感やイライラ、痛みがあるなら、そもそもそうした症状が出なくなるように相談してみましょう。

こまめに相談を重ねれば、日常生活へのアドバイスや、それまで何の気なしに過ごしてきた習慣の悪いところも見えてくるはず。

検査を受けるかどうか。婦人科を受診するべきかどうか。
その自己判定の基準を含めて医師の知恵を借り、その上に立って自分なりに検証するという方法も有効です。

理解し合える婦人科の医師に出会うためにも、複数の婦人科を試してみることをおすすめします。

関連記事:通常の人間ドックとは違う!「婦人科専門ドック」
婦人科専門ドックではどんな検査を行うのか
まだ大丈夫でしょ…はNG!子宮がん検診の必要性と方法
婦人科系の病気は健康診断では早期発見できない

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中