トップページ > 婦人科 > 更年期の症状 > 健康寿命は30歳までの過ごし方が決める!?

健康寿命は30歳までの過ごし方が決める!?

健康寿命は30歳までの過ごし方が決める!?

女性の生涯に渡る健康は30代までに決まります。
なぜなら、30代に突入した肉体は新たに成長するのではなく、それまでに蓄積した体力を支えにして、ゆるやかに更年期へと突入して行くからです。

肉体がひたすら成長を繰り返して発達する期間である成長期は思春期まで。
思春期の終わりには個人差がありますが、早ければミドルティーン、遅い場合には20代の半ばまで食い込むケースもあるのだとか。
平均すればだいたい10代後半が成長期の終わりということになります。

20歳までに「女性」としての肉体が完成し、女性ホルモンの分泌量がピークとなる性成熟期を迎える、それが女性の20歳から30歳です。

肉体の成長が極まり、女性ホルモンが大量に分泌されるこの時期は最も健康面で充実し、病気への抵抗力や妊孕力といった基礎体力や、その持久力が高まります。
妊娠に最も適したライフステージであることは間違いないのですが、社会生活と個人的な事情の板挟みになってこの出産適齢期を逃してしまう女性が少なくありません。

健康寿命は30歳までの過ごし方が決める!?

どんな生き方をするのも個人の自由です。
仕事のために精力が高まる20代を費やすのも自由、身体を酷使して遊ぶのも自由。何もかも本人の意思次第です。

しかし、もしも予備知識がなかったがために肉体を酷使し、30代になってから取り返しのつかない健康不安を抱えるようになったとしたらどうでしょう。
それは非常にもったいないことだと思いませんか?

健康を失ってから原因究明を始めるのでは遅いのです。
本来持っている機能を守り、失わずに済むように守る。
これこそが最大の健康法であり、正しい、理想的な妊活なのだと言われています。

人生設計の中に「出産」を思い描いている方は、ぜひ1日でも早くご自分の健康を見直してください。
生活の中に散在するマイナスの要素をピックアップし、ひとつひとつ解消して行ってください。

すでに十分無理を重ねて30代に突入したという女性についても、あきらめは禁物です。
女性ホルモンの分泌量は20代後半を最高値として、30歳前後には緩やかな下降線をたどりはじめます。
そして、35歳を境として急激に分泌量が減少し、免疫力や新陳代謝の低下が現れるのです。

誰にでも必ず起こる変化であり、どんなに若く見える女性にも等しく起こる、避けがたい「老化」なのだと覚悟しておく必要があるでしょう。
人間には時間を押しとどめる術がありません。

しかし、加齢による影響をゆるやかに引き延ばす努力ならば可能です。
崖を転がり落ちるような肉体の変化には精神的な負担も膨らみ、相互作用のために大変つらい更年期になってしまいます。

これを避けるためには体力の低下を少しでも先送りにし、女性としての機能を1日でも長く維持できるような努力を始めなければなりません。

考えていただきたいのは、3つの側面「運動・食事・睡眠」から生活を変えること。

特に忘れてはならないのが「運動」です。
社会的に存在感を増す30代は複数の役割をこなさなければならず、健康を後回しにして頑張ってしまいがち。
集中力の高い女性ほどその傾向が強いので、定期的に身体を動かし、過剰な疲労を避けるようにしましょう。
例えば1日15分から30分程度のウォーキング。これだけでも食事から摂取する栄養素の吸収率を格段に高められるはずですよ。

人体には恒常性(ホメオスタシス)がありますが、基礎代謝が低下して行く年代に突入すると無自覚のうちにサイクルが乱れ、機能が全般的に衰え出します。
20代の終わりまでに対策が間に合わなかった方は、この衰えを自覚し、意識的に機能の減退を押しとどめる地道な取り組みから始めてください。

迂遠な手順に思えるかもしれませんが、1歩1歩を確実に前進するこの道のりこそが、1番効率よく長期的な健康をもたらすルートなのではないかと考えます。
運動効果をより高めるにはリハビリテーションの知識。栄養の改善には栄養学の習得がおすすめです。

また、鍼灸、マッサージ、温活、アロマセラピー、漢方などと言った民間医療(統合医療)の技術を取り入れれば、西洋医学では考えられないような結果を得られる可能性すらあるかもしれません。
自分の身体とよく対話して、本当に必要なものとそうでないものを見分けるようにしていただきたいと思います。

関連記事:女性の生涯と女性ホルモン 1【女性ホルモン全体の話】
女性の生涯と女性ホルモン 7【女性ホルモンが枯渇する時】
女性30歳、カルシウムとビタミンDの重要性を知る
30歳からの恋愛が与える精神的な健康3つ

ライタープロフィール

円谷円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中