トップページ > 婦人科 > 生理、おりものからのサイン > 生理中のセックスと「子宮内膜症」には関連があるって本当?

生理中のセックスと「子宮内膜症」には関連があるって本当?

生理中のセックスと「子宮内膜症」には関連があるって本当?

こんにちは、佐原チハルです。
「生理中のセックス」については、学校の授業でもあまり触れられませんし、女性同士でも会話になる機会の少ないものです。
http://cureri.com/wp/wp-admin/post.php?post=11518&action=edit
そのため、「生理中のセックスは、子宮内膜症の原因にもなるらしい」なんて話を聞いたことがある……という女性も、やはり少ないのではないかと思います。
不妊のリスクをあげるものとして、聞かれることも多くなった「子宮内膜症」。ポイントをまとめてみました。

1、子宮内膜症ってどんなものなの?

子宮内膜は、ホルモンの働きによって、日々厚みを増していきます。
妊娠すれば、そのままお腹の中で役立てられることになりますが、そうでなければ不要なもの。
毎月の月経で排出されます。

この子宮内膜が、排出されるのではなく、逆に卵巣や腹膜などに入っていってしまっているのが「子宮内膜症」です。
生理のたびに出血するので、酷い生理痛や、セックスする時に痛みが感じられます。

子宮内膜症では、月経困難症や不正出血があったり、生理中・セックス中・トイレで用を足している時に痛みがあったり……などの症状があらわれますが、実は「痛みを感じない」タイプの人もいて、気づかないまま悪化してしまっていることもあるそうです。

また「遺伝する」とも言われていますので、もし明確な症状を感じていなくても、お母さんが子宮内膜症だった……というような場合には、より注意していた方がよいかもしれません。

2、生理中のセックスが原因になるって本当?

生理中のセックスが原因になるって本当?

子宮内膜症の原因は、実はまだ「ハッキリとは解明されていない」状態です。
けれど有力な説はいくつかあって、その一つが「生理の血が逆流したことによる」というものです。

生理中にセックスすると、本来であれば排出されるべき経血(子宮内膜が血と一緒に剥がれ落ちたもの)が、再び体の中に入ってきてしまうことになります。
体内に押し込まれた子宮内膜が付着し、育ってしまうことで、子宮内膜症になってしまう……という説が、現在では最も有力と言われているのです。

また生理中のセックスは、もし子宮内膜症にならなかったとしても、リスクのあるものです。生理中は、粘膜が敏感になっています。
そこに排出されるべき月経血が逆流してくるのは、衛生的にもよくありません。
敏感な分、傷つきやすくもなっていて、感染症のリスクも高まります。

3、タンポンは危険?

タンポンは、生理中、腟の中に挿入して使うものです。
「生理中に挿入」というワードから、これも子宮内膜症のリスクをあげてしまうのでは……と不安を抱いてしまう場合があります。

しかしタンポンの使用は、子宮内膜症のリスクを高めません。
タンポンを使うことで、生理の血は、タンポンにしっかりと吸収されます。
逆流が増える、というようなことはありませんので、安心して使って大丈夫です。

タンポンの使用で、生理中でも、プール・海水浴・温泉など、より快適に楽しめるようになりますね。
安心して、上手に使えるといいですね。

「生理中のセックスの方が興奮する、気持ち良い」という人は、男性だけでなく、実は女性自身にもいます。
けれど、たとえコンドームを使用していたとしても、子宮内膜症のリスクを思えば、やはり危険なものなのです。
生理中のセックスは、できる限り「避ける」選択ができるようにしたいですね。

関連記事:子宮内膜症、子宮外で内膜ができてしまう原因
早期に気づきたい「子宮筋腫」と「子宮内膜症」
経血量の多い・少ないは、“女性機能”と関係がある?
経血量に異変あり! そんな時に疑うべきこととは?

ライタープロフィール

佐原チハル_プロフィール写真

佐原チハル
性に関わるユースワーカーを経てフリーライターに。
ノンセクシュアルでXジェンダー。ハニーと二人三脚で子育てに奮闘中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)大好きなBL妄想で、日々腐女子力に磨きをかけている。