トップページ > 婦人科 > 性病 > 女性は性行為で膀胱炎になりやすいって本当?

女性は性行為で膀胱炎になりやすいって本当?

こんにちは、ライターの佐原です。

性行為の際、女性の場合ですと「接触する粘膜面が大きい」「女性器と腹膜とは直接繋がっている」などの理由から、性感染症へのリスクや注意すべき点は多くなっています。
けれど性感染症だけでなく、「膀胱炎」のリスクもまた女性の方が高い、ということはご存知でしたでしょうか?

膀胱炎ってどんなもののことを言うの?

shutterstock_215153398

膀胱炎とは、尿道などから菌が入り込んでしまうことで、膀胱に炎症が起こってしまうことを言います。

膀胱炎になると、例えば
「おしっこに行きたくなることが増える」
「おしっこをした後・するときに痛くなる」
「おしっこの色が変わる」
「まだおしっこをしきれていない感じがする(残尿感)」

もし膀胱炎を放置してしまえば、我慢しきれないほどの痛みが出る高熱に襲われる、腎盂腎炎などにかかってしまう可能性があります。
膀胱炎は、早めに気づき、対策することが重要なのです。

女性の方が男性よりも膀胱炎になりやすいって本当?

この噂は、本当です。
膀胱炎になるきっかけとして、性行為があがることもとても多くあります。

女性の場合、膣と尿道とが近いため、セックスの際には性感染症のみならず、膀胱炎のリスクも抱えているということになるのです。
男性の場合も尿道口は性行為の際に用いられることのある場ですが、男性ですとその場所は「排出」のために使用されるため、女性よりは菌の入りにくい構造になっています。

膀胱炎の予防のためには、どんなことに気をつけたらいい?

性行為での感染のリスクも高いことを考え、今回は、「膀胱炎にならないために、性行為の際に気をつけること」というポイントをまとめてみました。

・セックスの前にはシャワーを浴びて清潔に
膀胱炎は菌が膀胱に達することでかかってしまう病気です。性行為の前には必ずシャワーを浴びるなどして、清潔を心がけてください。
もちろんあなた自身だけでなく、パートナーも同様です。下半身だけでなく、指先などにも注意しましょう。

・セックスの後でおしっこをする
行為の後におしっこをすることで、雑菌を尿道から洗い流してしまうのです。行為とワンセットとして、癖似してしまった方がよいかと思います。

・コンドームを使用する
他の性感染症と同様、コンドームの着用は、膀胱炎にも効果があります。100%ではありませんが、コンドームは必ず使用するようにしましょう。

・おしっこを我慢しないこと
おしっこを我慢することで、雑菌を洗い流せるチャンスが失われてしまいます。
行為の途中ではなかなか言い出しにくいかもしれませんが、勇気を持って、我慢しないようにしてみてください。

膀胱炎は、たとえかかってしまっても、早期に気づき、早期に治療を始めることができれば、大きな問題もなく、簡単に治せてしまうものです。
とは言え、いざ病院に行くとなると「面倒」な気持ちも芽生えてしまいがちです。
しっかりと予防策をとって、安全な性行為ができるようにしましょうね。

関連記事:ちゃんとできてる?コンドームの付け方を学ぼう!
しっかり?ササッと?正しいデリケートゾーンの洗い方
男性からも感染する!……膣炎の種類と症状について
性感染症は「女性のほうがかかりやすい」って本当?

ライタープロフィール

佐原チハル_プロフィール写真
佐原チハル
性に関わるユースワーカーを経てフリーライターに。
ノンセクシュアルでXジェンダー。ハニーと二人三脚で子育てに奮闘中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)大好きなBL妄想で、日々腐女子力に磨きをかけている。