トップページ > 婦人科 > 性病 > 性感染症はおりものにあらわれる?

性感染症はおりものにあらわれる?

こんにちは、ライターの佐原です。
「おりもの」は、その状態を調べることで、膣や女性器の健康状態・異常を知ることのできる、とても便利な存在です。

そして外陰炎や膣炎だけでなく、性感染症についても、感染している可能性や、感染しているのであれば、それがどのような性感染症であるのか、教えてくれる場合があるのです。

そこで今回は、おりものからわかる性感染症について、お伝えしてみたいと思います。

性病検査

カンジダ症の場合の特徴

カンジダ症の場合、おりものの色は白くなることが多いです。
状態としては通常時よりもぽそぽそしていたり、ぽろぽろとしていたりする場合が多くあります。

同時に、外陰部にかゆみをともなっていることも多いようです。

膣トリコモナス症の場合の特徴

おりものの色は、黄緑色や緑色のようになることが多いです。
白くなる時と比べても、わかりやすい場合が多いと言えるでしょう。
においがきつくなったり悪臭がしたりといった変化を伴うことも多いです。

また膣トリコモナス症の場合でも、外陰部にかゆみが出ることが多くあります。

性器クラミジア感染症・淋菌・膣炎などの場合の特徴

おりものの色は、白っぽくなったり、黄色っぽくなったりすることが多くあります。
またおりものの状態は、膿のように見えることもあります。

性器クラミジア感染症や淋菌・膣炎の場合ですと、おりものの変化のほかに発熱状態になったり、腹痛や下腹部痛を伴っていたりすることが多くあります。

また、骨盤腹膜炎の場合などにも、こうした状態になることがあります。

子宮頸がんの場合の特徴

おりものは赤褐色や茶褐色になります。赤茶色や赤色になることもあります。
血が出ている・混じった色のように感じられる人もいるかと思います。

実際、子宮頸がんの場合には、おりものの色の変化のほか、不正出血が見られたり、スポーツや性行為の後などに出血を持ったり、血が混じったりする場合が多くあります。

子宮頸がんのほか、子宮頸管ポリープの際にも同じような症状が出ます。

子宮体癌、子宮内膜炎の特徴

おりものの色は茶色や赤色になることが多くあります。
またおりものの状態は、液状で、量が増えることが多いでしょう。

子宮体癌や子宮内膜炎の場合も、子宮頸がんなどの場合同様、不正出血をともなうことが多くあります。
また下腹部痛のあることも多いでしょう。

そのほかにも、たとえば異物(タンポンを長時間入れたままにしてしまったり、使用したバイブが不衛生であったりなど)
のせいで雑菌が繁殖するなどの理由でおりものの量が増えることがあります。
検査をしても異常がない、と言われた場合には、一時的な膣炎だったケースなどが考えられます。

気をつけて頂きたいのは、上述したものは「ただの例」である、という点です。
これらの症状が出ていなくても性感染症にかかっている場合もありますし、この症状だから必ずしもこの性感染症にかかっている、と断言することもできません。
大切なのは、異常を感じたら、できるだけ早めに婦人科を受診する、ということです。

おりものからのサインを見逃さないよう、気をつけて過ごしたいですね。

関連記事:その陰部のかゆみ…女性の性病について知っておきましょう
性感染症(STD)にはどんな種類があるの? 男女で症状が違うって本当?
性感染症は「女性のほうがかかりやすい」って本当?
性感染症で婦人科へ行く

ライタープロフィール

佐原チハル_プロフィール写真

佐原チハル
性に関わるユースワーカーを経てフリーライターに。
ノンセクシュアルでXジェンダー。ハニーと二人三脚で子育てに奮闘中。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)大好きなBL妄想で、日々腐女子力に磨きをかけている。