トップページ > 女性器お悩み情報室 > 熱を冷まして!ココナッツオイルと女性の健康

熱を冷まして!ココナッツオイルと女性の健康

shutterstock_149482085
数年前から美容意識の高い女性の間で有名になっているアイテムに、ココナッツオイルがあります。

ビタミンEや豊富なラウリン酸の効果で美と健康を助けてくれると言われていますが、ココナッツオイルは本来「飽和脂肪酸」に分類される油脂です。

本来太りやすいとされる飽和脂肪酸を含むココナッツオイルが、むしろダイエット効果をもたらす理由についてご紹介しましょう。

ココナッツオイルの主要脂肪酸は中鎖脂肪酸

飽和脂肪酸は動物性脂肪などの主要成分で、常温で固まる性質があります。
つまり、身体の中でも安定的に固着してしまい、分解されにくいために摂取した人間が太ってしまうのです。

飽和脂肪酸には単純に太りやすいという以外にも、動脈硬化、動脈決戦、不妊症、高脂血症などの影響が考えられます。
この飽和脂肪酸を含んでいるにも関わらずココナッツオイルが美容や健康に有用とされるのは、主要な成分構成が中鎖脂肪酸と短鎖脂肪酸だからです。

約70%に及ぶ中鎖脂肪酸短鎖脂肪酸に混ざる形で飽和脂肪酸としての長鎖脂肪酸が存在しています。
中鎖脂肪酸は消化吸収速度が非常に速い成分なので、バターやラードと比較して約10倍の速さで分解、脂肪燃焼する上に、短鎖脂肪酸が腸を元気にしてくれます。

さらには中鎖脂肪酸が燃焼する際にエネルギーとして長鎖脂肪酸を消費するので、体脂肪として蓄積することがほとんどありません。

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸の大部分が「ラウリン酸」という成分なのですが、これがまた人体に様々な有効性を持っているのです。

■ラウリン酸の作用
・酸化ストレスの軽減
・抗炎症作用
・酸化ストレスによる頭痛、腰痛の緩和
・免疫力活性化
・抗菌
・代謝を上げてホルモンバランスを整える
・美肌
・甲状腺機能の維持回復
・クレンジング
・デトックス
・肌のバリア機能強化
・シミ、シワなどのトラブル予防
・紫外線カット
・ほてりの軽快

水素化されたココナッツオイルの危険性

ココナッツオイル製品は様々な業者が製造、販売を行っているため、製法も一定しません。
安価で大量生産されているヤシ系オイルではパームオイルやヤシ油が大多数を占めますが、残念ながらそのほとんどが水素化された製品です。

水素化とは、本来安定性が低く劣化しやすい植物性オイルに水素を添加して安定させることを意味し、この工程で植物油はプラスティックのように強固な構造に変化します。

一般にはトランス脂肪酸として危険性が知られており、日本ではいまだに規制の対象とはなっていませんが、世界の先進国では「危険な油」として1日の摂取量に上限が定められるに至っています。

■トランス脂肪酸のリスク
・虚血性心疾患リスク上昇
・心臓病リスク上昇
・悪玉コレステロールを増やす
・善玉コレステロールを減らす
・肥満
・高血圧
・糖尿病リスク上昇

これらの症状を発症しないためにはトランス脂肪酸によるカロリー摂取量1日の総カロリー数の1%未満にするべきという勧告が、2003年度にWHO/FAOから発信されました。

元々どのような有効成分を持っていた油脂であっても、水素化されればすべて失われます。
天然成分に近い状態で販売されているココナッツオイルにはラウリン酸の他にビタミンEが豊富に含まれていますので、抗酸化、老化予防、生活習慣病予防、血流改善、美肌、性機能改善、冷え症改善、代謝向上にも役立つはずです。

安心して利用できるココナッツオイルとは、精製工程を経ていない「エクストラヴァージンココナッツオイル」のみです。
ラウリン酸、ビタミンEとその効果は精製の過程で失われてしまいますので、ココナッツオイルを選ぶ際には十分ご注意ください。

関連記事

【女性のために】外用薬としてのココナツオイル
デリケートゾーンのかゆみ、乾燥にココナッツオイルで潤いを
冷えに代謝を上げるココナッツオイル塗っても食べても良し
保湿だけじゃない! 女性にうれしいココナッツオイルの効用

ライタープロフィール

円谷

円谷ミナミ
基本的に斜めの姿勢で世の中を見つめるフリーライター。
性的思考はボーダーレス。ただし多少女性に甘い。
自分のキュアリは?(女性としての内面磨き)(沈思黙考・無言実行)
”秘すれば華”を人生を通して実現する方法を模索している。
乙女の窓辺~女性にまつわる、うわさの検証~の四コマ連載中